« エジプト大使館へ行ってきました | トップページ | アベノミクス成功の要因 »

2013年4月13日 (土)

吉田松陰からのメッセージ

むかしに心に留まった吉田松陰の言葉が見つかった。

 

~2013年4月のJAL機内誌から ~

Photo_2

吉田松陰が門下生の元服を祝い扇面に詩をしたため授けたもの。

大意は「人と異なる高い志を立てよ。俗流(高禄に執着する者)は共に論じるに足りない。彼らは自己一心のことのみを考え、自分の死後も引き継がれるべき仕事は考えず、目先の安楽のみを追い求めている。

100年という年月も実は悠久の歴史から見ればほんの一瞬にすぎない。君子たるもの素餐(功績がないのに高位高官につく)してはならない。

以上引用終わり

 

整理して少し判り易く書くと・・・

1. 人と異なる志を立てよ 
       (立志尚特異 )

2.  金に執着して遊び回る者と交わるな  
       (俗流與議難 )

3.  後世に引き継がれるべき仕事の苦をためらうな
        (不思身後業)

4.  目先の安楽は一時しのぎと知れ
       (且偸目前安)

5.  百年生きたとしても一瞬にすぎない
       (百年一瞬耳)

6. 功績がないのに高位高官にしてはならな
       (君子勿素餐)

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

« エジプト大使館へ行ってきました | トップページ | アベノミクス成功の要因 »

4.感動・涙・笑い」カテゴリの記事

他のアカウント

amazonトレンド分析