カテゴリー「5.時流を読む」の25件の記事

2013年12月14日 (土)

ユネスコ無形文化財の和食を守れ! マグロ乱獲の港 境港

浅草で、うなぎ屋で鰻丼1杯5000円だった。

日本は、世界のうなぎを捕り尽くした結果がこうだ。

国民の知らない間に、このような事態になってしまった。

一次産業を強くしなければ、他の産業に影響が出る。

うなぎ屋にとっては迷惑な話しであるが、責任は誰にあるのか。

うなぎの次は、マグロだと言われている。

マグロについて調べていくと、
その原因のひとつに境港の乱獲にあることが判ってきた。

山陰旋網漁業協同組合は、産卵に来るマグロを巻き網で巻き取っている。

その量は、水産庁の調査員のアルバイトをやっていた方の調べによると、
年間11トンもあることが判った。

 

http://www.jcca.or.jp/kyokai/kyushu/dream/list/pdf/B4-714.pdf

これは、マグロの重さではなく、卵を11トンも捕っているという実態である。

要するに産卵前のマグロを捕っているということだ。

見島沖にある八里ヶ瀬に産卵場があるが、境港の大型巻き網船が来て、
産卵前のマグロを捕り尽くしていることは既知の事実である。

その卵を大量廃棄するので、6次産業を起すという本末転倒なことを
考える輩まで出て来てしまっている始末である。

これによって、日本の他のマグロ漁港にも影響が出てくるのは当然だ。

大間のマグロ、壱岐のマグロ、既に影響が出て来ているではないか。

日本食は、ユネスコ無形文化遺産への登録されることが決まったが、
このままだと、境港のマグロ乱獲によって、寿司屋にマグロがなくなる。

鰻丼も和食、寿司を赤みで彩るマグロも和食な訳である。

マグロを食べる権利は、日本国民全部にある。

 境港のマグロブランドは、日本食を破壊していく象徴に見えるのは、
私だけではないはず。

ユネスコ無形文化財になった日本食を守るためには、
境港のマグロブランドを見れば、買ってはいけない
と私は思う。

本来ならば、国として水産庁が資源管理していくべきである。

稚魚を放流とか言っても、卵を産む前に捕り尽くしていて、
税金の無駄遣いの水産資源管理になっているのではないのか。

近海で魚が捕れなくなり、遠洋に出ないと漁業が出来なくなり、
燃料費の補助金を出すのが正しい選択ではない。

既に海外から、燃料費補助に対して、乱獲の助長だとする
クレームが各国から出ている。

成魚しか獲らない規制を行い、同時に一定期間の休業を行い、
それに対する所得補償をするのが賢い選択である。

このままだと、漁民がいなくなっていくことは明白である。

Logo105


間600トン/年の水揚げしか出来ないのに漁獲枠は年間2000トンに設定している。
それも、産卵前の卵を抱えたマグロ迄を捕り尽くしての数字が600トンである。

ロゴには、産地として本マグロの管理に取り組んでいますと書いているが、
いかにも滑稽でならない。

 

2013年5月18日 (土)

アベノミクス成功の要因

~ アベノミクス成功の要因 ~

前回の総理のとき、マスコミによってカット編集をされて事実と違う報道がされることが問題だと気が付いたことが、アベノミクス成功の要因でしょう。

このことは、過去にTVタックルの出演された際にも言われていました。

この過去の反省を踏まえて、今回の
政権では、安倍総理自らfacebookを使い直接国民に伝えています。

このことが成功要因となっています。

最近のニュース番組を見ていると「総理のSNSサイトによると、、、」という報道が多くなりました。このことで、事実誤認する報道を出来なくさせたことです。

要はマスコミ報道の前に既に自ら報道をしているのです。

私は国家の主権がマスコミから総理項官邸に戻ったと思いましたね。

これで情報戦の制空権を奪還したのです。

SNSは独裁国家を破壊する力もありますが、それを上手く活用してマスコミに独裁されている国家の主権を取り戻したと言えます。

佐藤栄作首相退任記者会見のとき新聞を追い出してTV報道をしましたが、その続きを今見ているようです。

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2013年4月13日 (土)

エジプト大使館へ行ってきました

エジプト大使館
2

3

Photo

日本にとってエジプトは、エネルギー安全保障上において重要なパートナーである。

エジプトを起点に日本の歴史があり、中東諸国が日本と親日であることを述べていく。

エジプトはフランスとともにスエズ運河を1869年に開通させるのだが、その財政負担により自律的な経済的に決定的な打撃となり、その結果イギリスの進出を招いた。

そのイギリスは日本の同盟国であり、ロシアの同盟国であるフランスさえも中立であったため、1905年の日本海開戦でロシアのバルティック艦隊はスエズ運河を通ることはなかったのである。

バルティック艦隊はスエズ運河を通れないことで、南アフリカ経由の航海となり、6500kmも遠回りして、船の長旅で兵士は疲弊していたのである。
このことは、日本海開戦で日本を勝利に導いた大きな要素であることはいうまでもない。
そして、日本が欧米列強のロシアに対して勝利した事で、中東諸国はじめアジア諸国に大きな希望を抱かせた。
日本が最初に欧米列強に挑み勝利し、植民地からの開放する先駆者として各国に勇気を与えたことを忘れてはならない。

特に第2次中東戦争は、エジプトが単独で、イスラエル、イギリス、フランスと闘った独立戦争であった。このときエジプトは、スエズ運河地帯に駐留していたイギリス軍を撤退させる協定を結ばせる一方で、東西冷戦の主軸である米ソとも関わらない独立の非同盟国となった。開戦の翌年に国王を退位させ共和制となり、今のエジプト・アラブ共和国というエジプトの正式国名となっている。

また、日本は中東に対する恩義を忘れていなかった。
1948年から1973年までの間に4度の中東戦争が起こるのだが、欧米諸国は一斉に人材や資本を引き上げた。しかし、日本は西側諸国として唯一、政府開発援助やJICA(国際協力機構)による国際協力を続けた。

こういった背景からも、中東には親日感情を持つ人が多いという事実がある。

また、1953(昭28)年3月にメジャー支配に挑戦した「日章丸事件」がある。
日本と産油国との直接取引に挑んだ男がいたのだ。
その人物の名は、海賊と呼ばれた男「出光佐三」という偉大な人物である。
この武勇伝となった「海賊と呼ばれた男」という本は、本屋の店員が選ぶ2013年の本屋大賞1位となっている。
既に上下巻合わせて100万部を突破した感動の名作である。

「出光興産:社史」
http://www.idemitsu.co.jp/company/history/4.html



Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2013年1月20日 (日)

2013年を過去の出来事から検証予測

  今年は巳年ですが、12年前の出来事は覚えていますか?

  ボーイング787の事故などあり、巳年で気になる傾向が思い当たり

  約100年前にさかのぼり、科学的に検証してみました。

  うん、、、なんとも・・・という結果が出たのですが、ずばり言うわよ!

  という感じで、3つの傾向を発見しました。

  占い自体も過去のデータを基にしたものですが、変な占い師より、

  当たるかも知れません。

  また、今年は20年に一度の伊勢神宮が金座に移動する年です。

  更には、出雲大社も大遷宮で新居に戻られます。

  この2つの遷宮(せんぐう)が重なるのは史上初の歴史的な年です。

  以下をご参考に激動の1年を飛躍の年にしてみてください。

◆巳年(へび)

  相場で言えば「辰巳天井」と言われて最も株価が上がる年であります。

  過去に巳年の日経平均の上昇は、平均29.1%上昇しています。

  ヘビは脱皮することから新しい事が始まる年と言われています。

    (良いこと)

     .・1917年 三菱造船設立、野田醤油設立、BMW設立

      ・1953年NHKテレビ放送開始(テレビ元年)、中国ソ連からの引き揚げ(真鶴)
                  日本航空設立、全日空がヘリコプターを使って営業開始

      ・1965年東海道新幹線「ひかり」が開通

      ・1977年 ピンク・レディー『UFO』が記録的大ヒット!
                  王貞治 世界新記録756本塁打

      ・1989年日経平均がの納会3万8915円の戦後高値
                  千代の富士が史上最多の965勝を記録

      ・2001年 サッカーくじ「toto」開始
                   東京ディズニーシーがオープン

      ・2013年 株価上昇/円高ともに急上昇

    (変動)

      ・1917年 ロシア革命

      ・1929年 世界恐慌

      ・1941年 大東亜戦争 

      ・1953年 全国的な風水害で全国的な凶作

      ・1965年 アメリカがベトナム戦争に直接介入、いわゆる北爆
                  夕張鉱ガス爆発

      ・1977年 日本赤軍による日航機ハイジャック事件

      ・1989年 天皇陛下が崩御 →平成の年号
                    ベルリンの壁やソ連の崩壊
                   アメリカとソ連の冷戦終結                  

      ・2001年 米国同時多発テロ いわゆる9.11
                   小泉純一郎 首相内閣が始まる→郵政民営化
                   米ハワイ沖で、愛媛県宇和島水産高の実習船が、急浮上してきた
                   米海軍の原子力潜水艦と衝突し

      ・2013年  自民党政権奪還
                    ボーイング787 バッテリー事故で運休中(1月)

   

『検証結果』

     確かに新しいことがスタートする年に思えます。

     過去を検証していくと、、、

           ①「当たる/記録」、②「爆発」、③「飛ぶ」の3つの傾向がありました。

      ①当たる/大記録

       

  →ピンク・レディー、サッカーくじ、9.11、衝突、株価、ホームラン、相撲

      ②爆発   

           →真珠湾攻撃、夕張炭鉱、ベトナム北爆、貿易センタービル

      ③飛ぶ    

           →電波、飛行機、空爆、、新幹線(飛行機技術)、原潜の海面飛び出し


◆伊勢神宮が金座に移動

    20年に一度の神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)です。

    内宮・外宮の正殿と別宮14個の社殿が作り替えられる神様の新築を行い
    引っ越しになります。

    このしきたりは、1320年前からの伝統的が継承し続けています。

    今回の総費用は550億円と巨大な事業になります。

    神様の座る場所は、東の米座(こめくら) と西の金座(かねくら) とあり、
    その場所で世の中の流れが変わると言われています。

    今年に新築される場所は、西の金座に座られますが、

   

経済の時代と新しい秩序が生まれる時代になると言われてます。

   

『検証結果』

    ・1973年~1993年   

                73第一次、第二次石油ショック 85プラザ合意
                87NTT上場、中東湾岸戦争
              89天皇崩御、バブル景気、ソ連崩壊

    ・1929年~1953年

                 29二.二六事件、NY株式市場大暴落、浜口内閣発足、
                 39~45第二次世界大戦、49戦後の混乱で遷宮を4年延期、
                 53衆議院バカヤロー解散、53NHKテレビ放送開始

    ・1889年~1909年

                 89大日本帝国憲法発布,94~95日清戦争、04~05日露戦争

    ・1849年~1869年

                 53黒船来航、55江戸地震、58安政の大獄、60桜田門外の変、
                 62生麦事件、67大政奉還、68鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争

◆出雲大社の大遷宮と同時

   出雲大社の本殿を改修して仮本殿から新居へ移る大遷宮です。

   周期は60~70年に一度であり、改修期間は5年を経て今年の
   2013年に仮本殿から新築の本殿にお戻りになられます。

   今回は、「平成大遷宮は2013年」と言われています。

   この周期だと、一生涯で2回と見ることが出来ません。   

   こちらの総事業費は80億円となっています。

   

『検証結果』

    

伊勢神宮と出雲大社が同時に遷宮を行なうことは、
     史上初めてになりますので検証出来ません。


(写真) 松山市 正宗寺  通称:子規堂

     

秋晴れて  両国橋の 高さかな    子規


Photo

1045勝 前人未到を成し遂げた五十八代千代の富士貢

現九重親方 ここにその栄誉をたたえ

現役時代から深交のあった正宗寺第二十代住職より

子規の句をそえ 記念建立する

と石碑に刻まれている。

道の字は、1989年の巳年に史上最多の965勝を記録した

「千代の富士」の直筆の字を象ったもの



Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2012年12月21日 (金)

ウィルスソフトも効かないサイバー攻撃の手口はこうだ・・・

ウィルスソフトも効かないサイバー攻撃の手口はこうだ・・・

まず、不審なメールでも開かないといけない「お客様相談室」などへメールを送りつける。

画像と思い、開いてみると、それが情報漏洩をするプログラムになっている。

サイレントインストールされていれば気が付かない。

そのまま感染したパソコンを踏み台にして、企業情報を探り盗み出す。

ウィルスソフトは大衆化されているウィルスのワクチンをもっているが、このパターンに無いプログラムは感知できない。

新たにウイルス定義に加わる数は1日に数千~数万件、秒単位に新しいウィルスが生まれている。

ワクチン認知から対策プログラム開発までの時間もあり間に合わない、

いわゆるゼロデイアタックと呼ばれるものによって、企業情報が盗み出される。

ネットワークの回線が速くなり、パソコン性能も向上しているから瞬時に機密情報が盗み出される。

対策としては、全社的に不審なメールは開かないのが基本なので全社的な教育が必修となる。

また、不特定多数とのコンタクトがある「お客様コンタクト」の窓口のパソコンは社内ネットワークから外し、単独なネットワークや単独なパソコンにすることだ。

むろん、お客様情報、機密情報などは入れてはならない。

データを保存する必要があれば、暗号化をするしかない。

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2012年9月11日 (火)

日本企業の海外展開はインドネシアへ向かう

世界一、日本人が好きな国、インドネシア。

2011年の日系企業の進出は450社を超える。

人口世界4位、2億4000万人。

安全にビジネスをしたいなら、インドネシアだ。


インドネシアに関するビジネスを知りたいなら

自らインドネシアでビジネスを成功されている

茂木正朗さんの本が良いだろう。

なぜならば、失敗も沢山経験しているので、

間違いないアドバイスとなっている。


茂木正朗さんは、阪神淡路震災のときに

連絡をとれない部下を探しに3時間歩いて

部下の家へ向かう途中に人生の儚さを感じて起業。


その後、東南アジアのビジネスを始めて、見事な

くらいに騙され続け人生の崖っぷちに立たされる。

そこで、ようやく成功したのがインドネシアだ。

今や、鉛筆王子と言われ、日本の一流メーカーの

鉛筆の軸版を手掛けて大成功をおさめている。

この本を読むと、一発逆転大成功を感じるのは

そのエッセンスが入っているからだろう。


いろんな観点がリアルになっているので、

インドネシアへ向かうビジネスパーソン必読の本だ。


この本を読んで、著者に直接連絡をとり、

インドネシアのビジネス状況を聞くと

 

大企業からインドネシア同行訪問の依頼があり、

半年先の予定までが入っている状況だ。


インドネシアに関しては、にわかコンサルタントが

多くなっている現状ではあるが、

茂木さんの話しは実践的であるから人気なのだと

直ぐに想像がついた。


お話しをしてから、本を再読すると関西人ぽく、

オモシロさのなかに現実的な話しが浮かんでくる。

インドネシアといえども、いろんな花の咲いた誘惑の

危険な話しが多いはずだ。

この本には、ビジネス的にどう判断して、どう対処するか

関西人の知恵が詰まっている。

ここまでの具体論は、経験がないと書けない内容だ。


海外ビジネスで失敗してから読むのではなく、

海外展開の選択肢にインドネシアを視野に入れて

比べて考えると、思わぬヒントがある。

ビジネス書でありながらも、Amazonでもインドネシアの本で

「地球の歩き方」とトップ争いをしている。

インドネシアへの旅行が好きな人が読んでもオモシロイ本である。

Photo_2

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社 (2012/4/25)
  • 価格   : 1470円

 

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2012年6月24日 (日)

モラトリアム

「あそこの会社の幹部社員さんは優秀ですね。」

「技術や、本に書いてあることの知識が豊富で、いつも私共と会議室で延々議論して頂いています。」

「お付き合いして長いので、そろそろいいアイデアがたくさん出ているんじゃないかと思いますけれど、いつまで経っても実現しないんですよね。」

「うちがやりたいことは、そこらに転がっている情報を集めることでないんだよなぁ~。」

最近、仕事と直接関係ない知りあいの経営者から、こんな話しを聞いて、ふっと思った。

これって、モラトリアム現象???

本来の言葉の意味は、

 ・国家が債務の履行の一定期間延長を認めること。支払猶予。
 ・比ゆ的に、社会人となるべき時期になっても、それがこわくて 自信がなく、卒業などを延ばしていること。
 (岩波国語辞典より)

本来は、学生が社会に出ないで何時まで経っても学生でいることの意味だが、、、

モラトリアム現象は、学生だけを指している訳でもないように感じた。

 企業人になっても行動に出れない

 更には幹部社員になっても一般の知識でしか言えない

 何時まで経っても行動に出ないで、どうするのか?

 学者にでもなるつもりかねぇ?

知識だけを持ったままで、世の中の役にも立たずの状態に思える。

決済する立場に居るのに決められない、それではいること自体が迷惑のように思える。

決断とはリスクを計算し、リターンと引き算をすれば良いだけのことだ。

考えて、考え抜いて進んでいっても必ず次々に課題が出てくる。

そのときにまた決断して 走りながら考える能力が必要となる。

すべてが決断の繰り返しなんだけど、目先の決断が出来ないから前に進めない。

ここまでやって、その時点で判断して進むかどうか決めましょう?って提案もある。

すべてが完璧にそろったときは、他からやられていてビジネスが終わっている。

新しいことを起こすには、知識ばかりか、今までの経験でさえも邪魔になることだってある。

何の成功も経験もなく、肩書きだけをもって、そのまま棺桶にいく人生なんで可哀そうだね。

どんどん決めて、どんどん前に進もう!

(過去の記事)知識・経験は邪魔をする
http://iihibiki.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e5f2.html

Photo

(写真)長崎出島

CopyRight(c),Kouji.Matsumoto

 

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2012年6月 5日 (火)

ビジネス戦略には、「撤退」、「縮退」あり

世界経済の減速懸念とのネタだが、日経平均株価の終値が8278円となった。

時価総額を担保指標として借入をしている企業は厳しい状況になると思う。

世界経済が減速するとどうなるのか?

グローバル展開でむやみに戦線を広げている企業はどうするのか?

これら考えると、私にはバブル時代に多角化経営をして倒産していった企業と重なって見えてきます。

かってのバブルとは異なり、日本経済のみならず、世界の経済状況でここまで響く訳です。

世界の天候を相手に生ものを管理するという難しい生鮮管理が必要な状態に思います。

何がなんでもグローバル展開ではなく、特定得意分野で足元固めている企業でないと堪えられないように思います。

楽天さんでさえも中国から撤退している訳ですが、縮退や撤退の美学がないと厳しくなるでしょうね。

日本人のサムライ気質なのか、攻めるときは強い、撤退という言葉を嫌う傾向にある。

不況という嵐が予測されるうちは、我こそは手柄を!ということは避けなければならない。

自ら自力で競合他社と闘うのみではなく、天候(市場環境)によって、競合相手が失敗するということを計算することも戦略には必要である。

こんな環境において、自力で闘うことだけでは兵站を尽くしてしまいます。

天候には勝てない、闘いの時には天候を予測しておくことは当然である。

競合相手が失敗するのを待って、反撃をするということが知略に長けている。

一旦、引いてから体制を整えて反撃することも計算に入れながらの地道な展開が賢い選択であり、頭脳プレーとなるように思えます。

Photo

(写真)宜野湾市ラグナガーデンホテルから

CopyRight(c),Kouji.Matsumoto


Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2011年3月20日 (日)

報道内容を読みぬく

CopyRight(c),Kouji.Matsumoto

東京消防庁が福島電発への放水作業を終えた。。。感謝

先ほど(3/20AM0時過ぎ)、東京消防庁の記者会見のライブを注意深く聞く。

任務で一番気を付けたこととして‘総被ばく量’と言われています。

こにきて、‘総被ばく量’ということが重要ということを報道ではなく、ライブ会見で判る。

やはり、緊急救命のプロが言う総被ばく量が大事だということですね。

原子力保安院は総量のことしか言わないで、/hでは安全と説明している。

これは見方を変えた数字のトリックであるようにうかがえる。

東京消防庁では、任務で最大で30ミリシーベルト、一生で100ミリシーベルトが総量の基準値とのこと。

今回の任務で27ミリシーベルトの方が最大量だったそうです。

10%マージンしかなかったが、なんとか基準値内に収まり、ほんとうに良かった。

しかし、以後のニュースでは‘総ひばく量’についてはカットされて報道されていない。

それから、牛乳から基準値3倍~5倍を超えた浪江町。

原子炉から約30キロ離れた北西部で19日午前10時20分、毎時136マイクロシーベルトの測定数値です。

136マイクロシーベルト/hで家畜に影響があったことを鑑みると、政府の報道は数値の信憑性に欠けます。

やはり、どう考えても安全という証明の数字ロジックが合わない。

食品衛生法の基準がおかしいのか?

では、何のための法的な基準なのだろう?

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

2011年3月17日 (木)

震災復興で日本経済は好転する!

CopyRight(c),Kouji.Matsumoto

本日(3/17)、福島原発の原子炉温度が下がると株価が少し上がった。

自衛隊、消防、警視庁に日本経済がかかっていることは言うまでもない状況である。

福島原発の状況で株価の上下運動が起こる不思議な現象が読み取れる。

この狼狽売りの状況で、これ以上の悪い情報が出ないと確信すると株価は一気に上昇することを意味する。

この原発事故はいずれ解決する問題である。

マスコミの報道が100%の情報と思ってはいけない。

彼らの大半は、何時からか不安を煽る職業に変わった。

今回、会見インタビューを見ると、如何に不安材料を探し求めているか読み取ることができる。

更には、普段見ることが少ない誘導尋問的インタビューをしていることを見ることができる。

情報が少ない、遅いといいクレームを付け、速報で伝えると情報精度が低いと批判を繰り返す一部放送局。

部分的なカット映像、一部の言葉尻を巧みに使い、不安という興味を番組として売るという行為である。

都内の企業が自宅待機をしている理由を原発事故が要因にあるように憶測報道している媒体もある。

しかし帰宅させる企業の考えは、帰宅難民を防ぐ目的、停電による家庭生活への支障を防ぐ目的である。

全てが間違った報道内容とは言えないにしろ、憶測報道などによるマスコミの質の低下が気になる。

やがて福島原発事故に解決の見通しが報道されると、一気に株価は上昇していくだろう。

余震が無くなると、不安要素が無くなっていくので株価も上昇するだろう。

首都圏の電車が通常通り運行されると、東京本社の中枢機能の頭脳が動き出す。

報道も暫くすると、今まで悲観的報道から好景気の業種報道に一転していく。

好景気になると、不安を煽るマスコミ・TVが嫌われていく世情に変わる。

朝から国の批判をして視聴率を上げている番組も嫌われる世情に変わる。

これだけ日々地面に揺らされて、日本国民は真に必要なものが何であるか判ってきた。

復興をキーワードとして、日本経済は凄い勢いで回復する能力を有している。

世界が信じられないくらいの力をもって、戦後復興を成し遂げた国である。

悲観的にならず、1年後、2年後を読みとるときである。

復興で好景気が予測される業種だが、、、

[復興に必要な素材系業種]

セオリー通り、鉄・コンクリートなど、あらゆる素材系銘柄。

エネルギーも含め商品の風上に必要な銘柄が値上がりしていく。

*今回の値下げ幅が少ない銘柄となっているもの。

[災害対策の業種]

今回の災害で必要とされた業種銘柄は政府予算が付く。

消防系の防災銘柄、自衛隊の特殊車両などを含む銘柄。

防災の観点で防波堤、湾岸開発の銘柄などタングステンの放射能遮断素材も考えられる。

Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加Twitterに追加

他のアカウント

amazonトレンド分析